09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

non-title

自作の小説中心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子校の打ち上げ(4) 

久々の小説の更新です!


ネタばれの嫌いな人へ
第一話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-3.html
第二話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-4.html
第三話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-5.html

↓↓↓










……まったく考えてなかった。
普通家でお好み焼きなんて1年に1度くらいしかやらないよな?
ていうか焼いてくれるもんだと思ってたわ。
あかんわ。

 
一人でいろいろ心配してるが周りはそんなこと気にしていない。

「なあ、マドンナコンテスト、誰が一番可愛かったと思うよ?」
「いや、ダントツで○○でしょ!」
「いや、××も捨てがたい!」
「おれメアドもらったぜ!」


「「いいな!!」」



男子校である。

「お待たせしました!」

店員さんが両手いっぱいにお好み焼きのモトを持ってくる。
なんかもういろいろ入っててようわからん。
もんじゃを頼んだやつもいるっぽいけど……。


「豚玉二つで――す」


俺らのテーブルにもやってきた。
 
「どうしましょうか……」

トトが不安そうに聞いてくる。

そんなこと言われても……。




「なぁ、これどうすんの?」
「混ぜて焼くだけでしょ」



……ものすごくわかりやすかった。



「てかさ、なんか足りなくね?」
「え?ネギの量?」
「そういうこっちゃねぇよ」
「じゃあなんだよ」
「あ、モバがまだ来ない」


唐突だけど、

しっかり忘れてた……。



第五話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-13.html
スポンサーサイト

category: 男子校のその1

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://superhoenet.blog13.fc2.com/tb.php/8-a69b5b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。