09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

non-title

自作の小説中心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子校の打ち上げ(2) 

1話!!!
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-3.html








カラオケに行って喉が潰れた。
気にしないで集合場所に向かう。
前日からの予報通り雨だった。……ラッキー。


集合場所は県内でも2~3番目くらいに栄えている都市?だ。

……か○ごえ、です。
かわ○え駅に集合の時間は17:35だった。
25分くらいからどんどん人が集まってくる。


「全員来た?」
元主将がたずねる。

……太ったなぁ。

「モバが来てません!」
と誰かが言う。

モバとは携帯ばっかりいじっていることからきたあだ名だ。
遅刻の常習犯でもある1年だ。

「どーせケータイいじってたんすよ! 別にいいっすよ!」
トントンがいう。
こいつは期待の1年ピッチャーだ。
……俺より背が高い。

「あ、電話だ」
現主将だ。
「モバ、遅れるって」

「他には?」
「いません」
「じゃ、行くか」

いよいよ出発となる。
ちょうど雨はやんでいた――良かった。



約20名の高校生の野球部がづらづらと歩いている。
傍から見たら怖いだろうな……。

「○○ー!」
あ、一昨日のマドンナコンテストで優勝したやつの名前だ。

「○○ー!」
また叫んでるよ……。

「○○ー!」

いいかげん黙らんかい!

※これは一般公道における行動ですが、実際に起きた事件です

「いや、マジ可愛いから!○○は!」
あ、やべぇ。
普段飢え過ぎてみんなのテンションがやばくなってる。
まだ続いているとは恐ろしいわ……



「あ、はい!そうっすね!」
「だよねー!」


あっちの親子はどうでもいいや。


「○○ー!」
あ、また叫んでるよ……。

「着いたぞ……」
主将は呆れて言った。


第三話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-5.html
スポンサーサイト

category: 男子校のその1

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://superhoenet.blog13.fc2.com/tb.php/4-d2368dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。