08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

non-title

自作の小説中心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子校の水泳(4) 

第一話
第二話
第三話








プールサイドをよく見るともう一人脱いでるやつがいる。

うん、あれは高村だ。


なんかすげえデジャブなんだけど。


「さあこれ2番目やってきたよ!!」


すんげぇ盛り上がってる。


いや、高村。歓声に答えなくていいから。


今度のやつはやたら乗り気だな……。
さっきとは大違いだ。


ていうかお前も着替えがないだろ?
そうなんだろ!

こうなっては止まらない。


「おい!何してるんだ!」

佐々木先生久々のご登場。

うちの体育教師は仕事をしない。


「あ、やべぇ」


ドパーン



……あれ?

いきなり飛び込んだよな?

いや、もう意味もなく飛び込んだよな?


「おい…!?なにしてんだ!」

おどろく佐々木先生。

まあ、誰でもおどろくわな……


プールから上がってくる高村くん。

「高村!ビート板の上走ってないじゃん!!」

なかなか容赦ないな……


「あ、オッケー。も一回行くわ!」


なんかおかしいぞ?

いやいや、もう濡れてると言えばそうだけども。
もう一回行く意味ないだろ!


とりあえずプールにはさっきのビート板がそのまま浮かんでいる。


「高村、行きます!!」

そんな某有名ロボットアニメ的セリフを吐き捨て、高村は走り出した。


※ぶっちゃけさっきと同じ流れです。てか残念なセリフが多いです。



「やめろ!」

佐々木先生が叫ぶ。

それでも高村は助走をつけていく。

「そんなことをしたら……」




「そんなことをしたら-5点だぞ!!」


佐々木先生伝家の宝刀!


しかし高村は走り続ける。
あと少しで水面だぞ…!

覚悟を決めたように高村が叫ぶ。


「それでも…」


「それでもプールに入りたかったんだ!!!!」


水しぶきと、ものすごい音とともに高村は飛び込む。

ギャラリーは拍手喝采だ。

その隅で
「えーと高村、-20点」
と言っていたのは気にしないこととしよう。


ていうか高村くん、


プール入りたいなら水着持ってこいよ……




ちなみにこの二人、次の6限はノーパンで受けたらしい……。
スポンサーサイト

category: 男子校のその3

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 2   tb 0   page top

コメント

うける~ww
男子高って、こんな感じなんですね。。。
色んな意味でハード!?だけど、楽しそう!!
kiyokiyokiyoe #- URL [2012/02/07 22:10] edit

Re: タイトルなし



読んでいただきありがとうございます(^^)


ここ最近はとくにいろいろ起きてます(笑)

実は節分の事件から1年です(^^)v
patapatatotoro #- URL [2012/02/08 21:03] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://superhoenet.blog13.fc2.com/tb.php/37-a315f8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。