09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

non-title

自作の小説中心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子校の節分~逆襲のC組~(3)  終 


第一話
第二話






2月3日13時14分:1-C教室内


「じゃ、豆は行き渡ったか!?」


「「オッケ!」」


「箱はみんなの分あるか!?」


「「もちろん!!」」


「よく作れたな……」
「豆もだよ……よく持ってきたもんだ」



2月3日13時20分:1-C教室内

「はい、じゃ、始めるよ――」
ついに授業が始まる。


「起立、礼!」

「「しゃ―――す!!」」

「着席!」


※以下は小声です

「何時くらいにする?」
「最初にやると後が気まずいよな……」
「やっぱ2時くらいにする?」
5限の授業は13時20分~14時10分だ。
「だな。ちょうどいいだろう」


※以上


「ほら、そこ、静かにしなさい」


「あ、はい!」
「すんません!」

普通の応答に見えるが、普段とはまるっきり違う反応だ。

「あ、うん、ならよし。えー、水酸化・ナトリウムと……」


違和感を覚えつつも授業を再開していた。


2月3日13時59分:1-C組教室内


ガタン
「みんな!今日は2月3日。節分だ!」

「「おう!!」」
いきなりなんか始まる。



「ほら、静かに、しなさい!」
一応怒っては来るが全員もうそんなの気にしない。



「節分といえば?」

「「豆まきでしょ!」」


「俺ら……まだやってないよね?」

「「そ――ですね!!」」

ここでクラスの全員が豆を構える。

教師の顔が青ざめる。
こんな事例は前代未聞だろう。

「じゃあ、いつやるの……!!??」


「「「今でしょ―――!!」」」

全員が一斉に教卓に向かって豆を投げる。
天井が豆で埋まる。

じゃらじゃら、という音の反響。

これこそ、豆まき。



ep

掲示
1ーCは2月10日に全生徒およびその保護者を伴った
学年会議を16時00分より第一会議室にて行います。




「わが校は開校以来30年を迎えていますが……」
「こんなことは君たちが初めてです……」

学年主任の言葉



「豆まきなんざ勝手に外でやれ!!」

体育教師の言葉



「言葉にできない」


ある生徒の父親の反応




「おい……」
「ああ、俺らは助かったな……」
「掃除をしたのが好評価だったな(笑)」

1-E生徒の会話


fin



スポンサーサイト

category: 男子校のその2

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 2   tb 0   page top

コメント

なるほど・・・

そういうオチでしたかww

こういうのを書いてるんですね(^.^)
すごいね!!

次回作も待ってます~!!

前に男子校すごいって言ってたけど、
あたしは、女子高だったんです・・・きっと男子校より
「えげつない」(>_<)
ひどいもんですよ・・・ホントに(゜o゜)
kiyokiyokiyoe #- URL [2012/01/17 20:52] edit



ありがとうございます(^^)


たまに男子校って幼いって言われますが、逆に面白いのかもしれませんね……(笑)


次回もよろしくおねがいします~
patapatatotoro #- URL [2012/01/17 22:28] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://superhoenet.blog13.fc2.com/tb.php/23-6f8616f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。