12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

non-title

自作の小説中心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

男子校の水泳(2) 



第一話




さぁ来ました。

なにが来たって彼ですよ。

NT大卒業。体育教師の若手株。


佐々木先生(仮)です。


まあそんな不人気な教師というわけじゃないんだけど。


「おーい……。何人だよ?」


「8人っす!」

これまた教室のボス的な奴の発言。うん、こいつはボスでいいや。
(そんなあだ名ではありません。てかだいぶテキトーです。)

「はあ?なんだよ、一ケタかよ!?」


「そうなんすよ!だからサッカーしましょ、先生!」
 

おっ!

ちょっとした期待を抱いてしまう。







「いや、んなわけないだろ。お前らまとめて-15点だから」


どん底。


「あ―……もう出てるやつだけ数えるわ……。えーと、青原……飯村……」


もうだめだ。



「あーもうやべぇよ!1時間なにしろっての!?」

ボスはお怒りのようだ。


「どうする?」

「あ、麻雀教えてくれない?スマホのアプリで落したんだけど……」

「次の時間の小テストの問題どれよ?」

「たしか電磁気の……」


他の皆様、準備がよすぎです。


そして50分間の絶望に満ちた時間(ようはヒマなだけ)が始まる。


その隅で彼らが動き始めていた。








アォ―――!


おいおい、なんか叫び始めたぞ……。

というのもヒマな人たち(俺は違うよ?)がエアギター始めたから。



その割に叫び方がキング・オブ・ポップなんですが……。


「おい!静かにせい!」

先生が叱る。が、そんなに怒ってない。

これが男子校ゆえの寛容さ?というわけ。


というかブラシはいいんか……。


「うおりゃ―――!!!」


こんどはプールサイドを走り始めた。

ブラシ付きで。


「ブラシしまえ!つかおとなしくしろ!」


さすがに先生もすこし怒気を込めて言った。


「え!先生!俺ら申し訳ないんで掃除してるんすよ!」

ちなみに申し訳ないってのはヒマなんで、って意味。


「いやしかしな……」


「先生!やらせてください!」

「そうです!」

「どうせならきれいに使いましょうよ!!」


見事なチームワーク。

絶対に面白いからだよ……。


ということで続行。


「おりゃ―――!」

「どっせーい!!」



これ以降10分ぐらいプールには叫び声が響いていた。



第三話
スポンサーサイト

category: 男子校のその3

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

受験生 



になってしまったようです。


というのも学校の先生曰く


「来年のセンター試験まで1年切ったから、君たちは受験生だよ」と


さあ大変。

なかなかパソコン開く暇がありません。

今週の日曜とか一日中模試……

死んできます(^^)



そして小説に関して。
ネタは溜まれど書けません(笑)

たぶん月曜くらいにまとめて書くんで、テキトーにupすると思うんで。


どうかよろしくおねがいします~

category: 日記

cm 4   tb 0   page top

男子校の水泳(1)    








ことし一番の寒さだったらしい。

気温は5℃。この地域にしちゃあ、ものすごく寒い。
しかしそれ以上にこのクラスは冷え切ってる。

俺だっていやだ。
室内とはいえ……


こんな日にプールに入るとは……









正直みんな確信犯だ。


朝、学校に来てそう思った。
高校2年生は三学期にプールだった。



「え~、もうみんなでサボらねぇ?んでサッカーでもやろうぜ!」

というのが教室のボス的な奴の発言である。
俺も、もっともだと思った。


しかしそうは甘くないのが体育教師の集団。
NT大(どっかの体育大だけど?)卒業の彼らの意志は半端じゃない。







体育係と教師の会話
「あ、先生……今日全然持ってきてないんですが……」
「は?やるよ?」

一言目が「は?」って……

「いや、一ケタいるかいないかなんすけど……」

「いや、カンケ―ないし。忘れたやつ、-15点な」

「……失礼します」




そりゃここまで言われたら引き下がるしかないよ。

かくして5限の体育の時間は過去に見たことのない少人数で行われることとなった。







んで、昼休みも終わるころ。

「あー、やべーって」
「なにが?」
「ぜってー怒られんじゃん。これ」
「いや、減点するなら怒らないっしょ。でも15点は痛いって……」

そんな会話が繰り返されている。

さすがに15点は重いな……。

うちのクラスはプールから一番遠いので早めに教室を出なければならん。

うちの総務(学級委員)はさっそく鍵を閉めにかかっている。




「閉ーめるよ~」


ぶっきらぼうだよ!

実は彼も水着を忘れていた。

つか教室の約8割忘れてるよ……。

35人中8人。

一人当たり1コース近く使えるし。


ということで手ぶらでプールに向かう人がすんごく多かった……




第二話

category: 男子校のその3

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

また旅 



ええ、昨日の23日。

学校が入試で休みなので。

雪を見るために旅してきました。



群馬の水上というところです~



と思ったら地元でも雪が降り始めるという……

小説のイメージをふくらますとかいろいろ要素はあったんだけど……

悲しいかな、往復4000円は高校生にはきついって……


これをばねに新人賞応募の小説を書こうと思います……!


内容とかは気が向いたら発表?しちゃうかもしれません(^^)

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

高校の…… 



入試でした。

またもやお手伝いです。


といっても教室の後ろに座ってボ――っと座ってるだけなんだけど……


ヒマなので「亡国のイージス」を読んでました!


この作品は福井晴敏さんの作品です。
この人は「ガンダムUC」とかのアニメ化した作品も手掛けてます。


つかドンパチ系が多いです。はい。



で、この「亡国のイージス」。

内容が重いです。

主人公その一?
如月 行(きさらぎ こう)と言います。

こいつ人殺してます。しかも親。
その流れで特殊部隊みて―なのに入隊。
んでテロを防ぐためにイージス艦に乗り込む。


主人公その二?
仙石さん。
すいません、名前忘れました……

このひと、艦の最古参です。

艦のことしか考えてなくて妻に愛想尽かされちゃいます。


主人公その三?
ようは犯人側です。

艦長の宮津さん。

なんでテロしようとしたか?
↓↓↓

息子を如月君の所属してる特殊部隊に殺されたから(うわぁ……)

といいつつ優柔です。このひと。



んで、
宮津さんの仲間のホさん。

北朝鮮人です。

本名はホ・ヨンファです。

見事に一般的イメージな怖い人です。
いろんな意味で。





こんなもんです。
ぶっちゃけ適当な説明ですが、
全1000ページぐらいあります。

難しい単語連発です。
ちょっと軍事とか好きじゃないときついかも……


そんな人は映画がおすすめ!!

映画化されてます。
多少原作を省いていますが、むしろ分かりやすいかも……(^^)





と、まあ初めてレビューみたいなのをやってみました。

本職?の小説のほうもよろしくお願いします~

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

いや、マジで 




初めて超!短編を書いてみましたが、どうでしょうか?


実は今朝キーホルダーを落としちゃったので、それをもとに書いてみました!
(悲しい……)



普段のほうもそろそろupしようと思うのでよろしくお願いします~

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

転落 



駅のホームから落ちた。


今まで一緒に過ごしてきた。

雨に降られた。

グラウンドの土埃をかぶった。

テストを受けに行った。

毎朝一緒だったのに。






単語帳をカバンから取り出そうとした。

その瞬間、

なぜ取れたんだろう。

なんの抵抗もなく、彼は消えた。

転がって、ホームの下へ、線路の上に。



~高校2年生の黒板に書かれた詩~




「おい遼(りょう)、どうしたんだ?」
ずっと変な声を出している生徒に声をかけているのは功(いさお)だ。

「ほっといてくれ……」
「なんつー元気のなさだよ……」


あきれる功。
「風邪でもひいたのか?この時期気をつけねーとな」

「風邪より重症だよ……」

「えっ?じゃあどうしたん?」

心配そうに功が聞く。





「鞄につけてたト〇ロのキーホルダーが……、聞くな」


「……」


気まずい空気が流れる。



「それは……なんというか愁傷だな」

「……いいよ」


『この空気どうしよ!!』
功の心の声である。
『いや、俺が聞いたのが悪いんだけど……悪いんだけどさ!!』


「功、おれ大丈夫だから……」

「あ、そうか……それなら……」





「俺にはカピ〇ラさんがいるから」






「それ言っちゃおしまいだよ!!」

category: SS

thread: ショート・ストーリー - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

また休日 



受験です。

今日はうちの学校の中学入試のおかげで休みです(^^)

そして来週の月・火も休みです(^^)


うれしい!


ということでヒマなんで競艇場に行ってきました
(あれ?)

地元にあるのは知ってたけどどんなんかな~と。



もちろん見るだけですよ!?
高校生ですから

初めて見たけど面白かった!!

ハマるかもしれない……(笑)

category: 日記

cm 2   tb 0   page top

二作目終了 




昨日、二作目のupが終了しました!

よかったら感想とかお願いします
待ってます(^^)

そんでもって次に書くのも似たようなやつになると思います

そのうち書くんで読んで頂けると嬉しいです(^^)

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

男子校の節分~逆襲のC組~(3)  終 


第一話
第二話






2月3日13時14分:1-C教室内


「じゃ、豆は行き渡ったか!?」


「「オッケ!」」


「箱はみんなの分あるか!?」


「「もちろん!!」」


「よく作れたな……」
「豆もだよ……よく持ってきたもんだ」



2月3日13時20分:1-C教室内

「はい、じゃ、始めるよ――」
ついに授業が始まる。


「起立、礼!」

「「しゃ―――す!!」」

「着席!」


※以下は小声です

「何時くらいにする?」
「最初にやると後が気まずいよな……」
「やっぱ2時くらいにする?」
5限の授業は13時20分~14時10分だ。
「だな。ちょうどいいだろう」


※以上


「ほら、そこ、静かにしなさい」


「あ、はい!」
「すんません!」

普通の応答に見えるが、普段とはまるっきり違う反応だ。

「あ、うん、ならよし。えー、水酸化・ナトリウムと……」


違和感を覚えつつも授業を再開していた。


2月3日13時59分:1-C組教室内


ガタン
「みんな!今日は2月3日。節分だ!」

「「おう!!」」
いきなりなんか始まる。



「ほら、静かに、しなさい!」
一応怒っては来るが全員もうそんなの気にしない。



「節分といえば?」

「「豆まきでしょ!」」


「俺ら……まだやってないよね?」

「「そ――ですね!!」」

ここでクラスの全員が豆を構える。

教師の顔が青ざめる。
こんな事例は前代未聞だろう。

「じゃあ、いつやるの……!!??」


「「「今でしょ―――!!」」」

全員が一斉に教卓に向かって豆を投げる。
天井が豆で埋まる。

じゃらじゃら、という音の反響。

これこそ、豆まき。



ep

掲示
1ーCは2月10日に全生徒およびその保護者を伴った
学年会議を16時00分より第一会議室にて行います。




「わが校は開校以来30年を迎えていますが……」
「こんなことは君たちが初めてです……」

学年主任の言葉



「豆まきなんざ勝手に外でやれ!!」

体育教師の言葉



「言葉にできない」


ある生徒の父親の反応




「おい……」
「ああ、俺らは助かったな……」
「掃除をしたのが好評価だったな(笑)」

1-E生徒の会話


fin



category: 男子校のその2

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 2   tb 0   page top

模試ですが 



センター試験です。


こいつのせいで書き終わってた小説のupがなかなか出来ず(笑)


さてさて、
来年受験する身にとっては一年前の腕試し、
といったところですが。


見事にお亡くなりに……

理系のくせに物理31点……
英語は6割届かず……

まずいですね。

しかし夏までは全力で部活をすると決めた身なので(笑)





もうすぐ最終話up予定です!

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

男子校の節分~逆襲のC組~(2) 


第一話







この学校の高一は6クラスある。
高校から入学したA・B組
中学から入学したC・D・E組
選抜クラスのF組
この中でSが授業を担当しているのはC・D・E・F組だ。




2月2日8時45分:1-C教室内


「今日だれか買い出しいかね?」
「あー俺行くわ!」
「俺も!」

「つか豆は出来るだけ持参ね!」
「誰かあの……紙で箱作れね?」
「あ、俺作れるよ!」

ホームルーム中から翌日の準備に関して会話が飛び交う。

「ほら、話を、聞きなさい!」

担任が注意をしてくる。

「うるせぇよ!」
「はやく終わらせろ!」

見事なまでの反撃。

「起立!礼!」
「「した―――っ」」

学級委員の号令とともに礼。
教師を無視したホームルームの終わらせ方はもはや毎回恒例となっていた。




2月2日12時57分:1-E教室内


「明日どうする?やるの?」
「あ――……豆は買ってくるかな」
「C組のやつについてけば?」
「それでいいな」



2月2日19時08分:量販店内


「豆ってここに売っているのか……?」
「あ、あった」
「はえ――な!」
「え、どんなやつ?」




『お得1kg!県内最高の安さ!』




「「もはやどこからツッコンでいいのかわからん!」」
「お得!?こんな使うやついね――よ!」
「俺たちどうなの?」
「県内最高ってどこから調べた?」

「とりあえずこれでいいか……」



2月2日20時35分:SNSサイト上

『みんな、明日の準備した?』

「もちろん!」
「お得(笑)」
「うちのクラスもやるか……」




2月3日8時48分:1-C教室内

「今日の奴の授業は5限、昼休みの後だ!」
「みんな昼休み終わる前に教室集合ね!」

「「オッケー!!」」


同時刻:1-E教室内

「どうする?」
「いや、もう俺らは計画的に行こうぜ!」
「計画的……とは?」

「初めから掃除までしっかりやろう」

「「!!!!」」

「そんな……」
「悪いことをするのに後始末はしっかりするとは……」
「E組流だな!!」


2月3日12時48分:1-E教室内

「……みんな豆持ってる?」

「「オッケ!」」

「いくぜ!!」

2月3日12時55分:1ーE教室内

「年の数だけ食べるぞ!」

「終わったらモップな!」

2月3日13時03分:1-E教室内

「よし、完了!」

「なんて普通に終わったんだ……」
「おもしろみのなさ半端ねぇ……」

「次の時間、C組がやるんだろ?」



第三話

category: 男子校のその2

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

入試 



といっても手伝いです


毎年うちの部活では入試の補助生を自らやってます……

基本的には寒さとの闘いです(笑)

カイロは支給されるんだけどそれでも寒い……


この話も短編にまとめようかな?


ところでこの入試のおかげで今月は休みが多いんです!

逆に模試も多いんですけどね(^^ゞ


この休みになにをするか、から考えてみようと思います(^^)


category: 日記

cm 0   tb 0   page top

男子校の節分~逆襲のC組~(1) 



1月30日12時55分:1-C教室内(2階)


「いやー久々のゲーセンだったな~」
「ああ、模試も終わってひと段落だよな~」
「つか、昨日の相手さー、まじ鬼強じゃね!?」
「だよなー。あんなのみたことねーよ……」
「鬼……?」
「そーいや、もうすぐ節分だよな」





2月1日10時42分:1-C教室内

「えー、ちょっとみんな聞いて!」

「なになに?」
「寝かせてくれよ……」


「来るべき節分にて、豆まき大会を開催したいと思います!」


「は?」
「いや、なんで?」
「寝かせてくれよ……」

「ま、ま、聞いてくれよ。」


「標的は、Sだ!」


「え、まじ!?」



教室が騒然とするのも無理はない。
Sはこのクラスの担任で、無能の権化と呼ばれている教師だ。
ちなみに給料はこの学校で一番高いそうだ。

「いつやるんだよ?」
「ホームルーム?掃除ダリィ」

「ま、時間割表を見てみろよ……2月3日は?」

「あ……。授業あるじゃん……」



「そこで実行しようと思う!」


「これは……面白いかも」
「さすがに教師だぜ(一応)。まずいんじゃないか?」
「これには眠気も吹っ飛ぶ」

「必要なものは俺らで買ってくるから!」

「楽しみにしとこう!」
「絶対ばらしたらあかんな……」



2月1日14時14分:1-E教室内(1階)

「上のクラスで豆まきするらしいぞ……」
「しかも標的はSだってさ……」
「俺らもやるしかないな……」


第二話

category: 男子校のその2

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

もう終わり 



冬休みが。


今回の冬休みは思ったより充実してました~

宿題も終わったし、部活もしっかりやったし。

あと初めての小説?が書き終わってよかったです(^^)

新作も実話がもとですが、読んでくれるとありがたいです!

たぶんアップは明日、9日になると思います(部活が休みになったので……)

category: 日記

cm 2   tb 0   page top

男子校の打ち上げ(6)終 



第一話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-3.html
第二話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-4.html
第三話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-5.html
第四話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-8.html
第五話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-13.html






「「それだ!!」」



某有名ハンバーガー店のメニュ-の端っこに書いてある。
CMでやってたことすらある。


「じゃ、決定っすね!おい、モバ!!」

「え!それはない!先輩!どうなんすか1」

……いや、んなこと言われても。

「……がんばれ」

「せぇ~んぱぁ~い!」

こうしてモバの罰ゲームが確定した。









「いいか、チャンスは少ない。タイムリミットまであと20分だ」
「え、いや」
「その間に必ず女性店員は来る。そのチャンスを逃すな……!」
「女性限定なんっすね……」


なんか作戦会議をやっている。
でも俺はそんなことお構いなしに飯を食いまくっている。
時間ないし。


「先輩!俺まだあんまり食べて」
「遅れてきたのが悪い」

ごめん、モバ。
相手にするよりいまは食べてたい。
こんなんだから俺は友達がいないのでは……。


「おっ!女の店員さんだ!」
「よし!モバ行け!」

ここでまさかのモバ、修羅場突入。

「お前、絶対やれよ!」

トントンの駄目押し。

「え?やらないとかいうなよ?」

まさかのトト。
言うことが意外とえげつない。

「……」

空いた口がふさがってない。

よし、仕掛けるならここだ。

「すみませ――ん、追加で豚バラ焼き。あ、お・ま・え・は?」

念を押すようにモバに視線を向ける。
こいつはもう避けられない。

モバは真っ蒼な顔をしている。

「……」

「あの……どうしますか?この注文でラストオーダーになりますが……」

店員さん、困ってるよ。

「モバ!」

「あ、の……」

お!ついに言うか!?
周囲も食べてるふりをしていながら聞き耳を立てている。





「……満面の笑みをください!」








ep


店員さんは気まずそうに苦笑いをしていた。

その後モバは周りからいろいろ言われてた。

「お、お前それ……満面の、って!」

もはや以下略、だ。

そしてお開きになった野球部一同は一部を除いてカラオケに行った。

噂では帰宅が日をまたいだ人もいたそうだ……。



fin

category: 男子校のその1

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 2   tb 0   page top

冬休み終了 



といっても冬休みすべてが終わったわけではないです(笑)

明日から一週間ぶりの部活が始まります!

必ず体力が落ちてるんですよね~

体重も増えちゃってるし……

持病の膝をやらないように頑張ります!




あと小説について

たぶんもうすぐ今書いてるやつが終わります!

このあとに書くやつは今回と同じ路線で行くか(あのしょーもないやつ)、二次創作でもするか。
今回みたいなのは実話がもとだから書きやすいんですけどね~


これからもよろしくおねがいします(^^)

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

いまさらながら 

あけましておめでとうございます!


なぜか二日になってしまいましたが……

大みそかからの徹夜などのおかげで睡眠時間足りない……

1日は初詣とかで地味に時間がない……



そんなことは置いといて、部活の開始まであと2日と半分しかない!
ということで小説?を書き終わらないと(汗)

あとゲームも終わらせたい!

12月30日ぐらいに行った本屋で面白そうな漫画、の原作をただいま絶賛プレイ中!
「初恋予報」て恋愛ゲームです。

いろいろと突っ込みたいところはあると思うけど、


そこはノーコメントで(笑)



こんかいはこのグダグダ感の中で終わらせてもらいます(笑)

category: 日記

cm 0   tb 0   page top

男子校の打ち上げ(5) 

ネタばれ嫌な人へ
第一話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-3.html
第二話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-4.html
第三話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-5.html
第四話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-8.html









「だれか連絡、はいってない?」
「あ、いま駅に着いたらしいです!」

さっきの誰かの発言で会場が静まる。

「……わすれてた」

「ざわ」

「いや、そういやなんで遅れたんだっけ……」

「ざわざわざわ」

「つか食おうぜ」

「がやがや」

「いやまだ焼けてない」

「どやどや」

「だれがひっくり返す?」

「ドッ!!」



なんかもう数秒で忘れられたモバである。


さてさてなぜ俺はこんなに気にしているかというと、唯一の空席が

……俺の隣だよ!

というわけ。



……どうやっていじってやろうか。


「あ、道がわからないって連絡が来ました!どうします?」
「もういいよ……」


もはや着くかわからないモバである。





カランコロン



「すいません!遅れました!」

やっとモバ到着である。
でもみんな気にする余裕がない。

「あ、おまえその豚俺のだよ!」
「んなもんあるか!」
「やろ……、じゃあこの鳥は俺のだ!」


「ああ、堤防が!堤防が!」

※堤防とはもんじゃを作るときに……ググってください

「おめっ……くずすんじゃね!」

「おい!まぜろまぜろ!」


……放置だ。

「おいっ!ここあいてるから座れよ!」
とトントンが鉄板から目を離さずに言う。
向こうのもすごいことになっている。

「おまえ、遅れてきたんだからなんかしろよな!」
どことなく声がかかる。


「「……それだ」」


「えッ!?なにそれ?無理だよ!」
「いや、やれ」
「無理だっつってんだろ!」

モバ、キレる。

「いや、お前基本的に遅刻ばっかしてるし。たまにはなんかやれよ!」

「……」

言い返せなくなった。
実際に鍵の係であるこいつが遅れて練習が始まらなかったことがある。

じゃあ任せなきゃいい、とか言うのは禁句だ。
こいつが一番家が近いんだから仕方がない。
そういう掟だし。

「じゃ、なにさせるか考えません?」
ノリノリだな……トントン。

「じゃ、裸芸?」
「単純すぎだろ……、つか周り考えろよ」
「歌?」
「だ・か・ら」
「一発芸?」
「そんなセンスが……」

ひどい言われようである。
当のモバは俺の隣の空席についている。

「せ、先輩!ひどいっすよね!」
 
そんなこと言われても……。

「面白いから、ほっとく」
「ええっ!」

マス○さん的な驚き方だ。

向こうの議論はというと……

「店員さんに告白!」
「お好み焼き早食い!」
「さすがに残したときを考えると……」

「やっぱ告白じゃね?」
「いや、危険度高いでしょ」
「じゃあ、あれでいいわ」
「あれ?」

「スマイルください」




次回最終回!
第六話
http://superhoenet.blog13.fc2.com/blog-entry-17.html

category: 男子校のその1

thread: 自作連載小説 - janre: 小説・文学

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。